土地活用をするという場合、通常は不動産所得になりますが、規模が大きくなると事業所得になります。

大家さん入門 土地活用と事業所得ガイド
NAVI
大家さん入門 土地活用と事業所得ガイド

土地活用をして事業所得を得る

所得税の仕組みを知らない人は多いと思います。サラリーマンの場合、所得税という名目で支払いをしているという感覚がありません。毎月給料から引き落とされる源泉税がその一部になります。そして年末に年末調整が行われて完了することになります。翌年に源泉徴収票が渡されて内容を確認することになりますが、その時も所得税という感覚がないかもしれません。自分で確定申告をするようになればそのあたりのことを認識すると思いますが、給与所得以外になければその必要がないということも多いです。ですからサラリーマンはあまり知らないということです。
株式などの取引をしている場合も、通常は確定申告をすることになります。ただしこちらについても特定口座を用いることで確定申告の手間を省くというものがあります。そちらを選べばせっかくの確定申告のチャンスもなくなります。それでは不動産投資をすればどうかといいますと、こちらであればさすがに行わなければならないということになります。申告を行うことによって節税をすることができることになるので、きちんと計算をして、最も得になるように、税金の支払いが少なくなるように計算することになります。この時は不動産所得ということになります。
ということは、土地活用によってマンション経営などをした場合は不動産所得になるかです。実は規模によって所得の区分が変わることになります。規模が小さければ不動産所得ですが、規模が大きければ事業所得ということになります。一つの業務を展開しているとされるのです。概ね戸数が10戸以上となってくるとそちらで計算をしなければいけないということになります。こちらであれば、青色申告による控除額も大きくなるので特になることもあります。不動産所得に比べるとメリットもあるということです。どのようにすれば良いかなどは税理士に確認をするようにします。同じ税金を支払うにしても、先に先に支払うように処理をすると良いということです。

おすすめ情報

  • 大阪でロレックスといえばヒルトンにある日新堂がオススメです
  • HEMSって何?と思ったらまずはこのサイトで調べませんか

Copyright (C)2014大家さん入門 土地活用と事業所得ガイド.All rights reserved.